ホーム > 光のはりヒーリング

光のはりヒーリング

眼の病気と光のはり

眼の病気には色々ありますが、緑内障や黄斑編成症などは一度罹ってしまうと、視野を回復させるのは今の医学ではなかなか難しいようです。
特に最近は、スマホやPCでブルーライトを浴びる機会が多いので、若年層にも緑内障の羅患率は増加しています。 
でも失明に向かう前に、希望の光となる方法があります。 
それは鍼治療、それも全く無痛で行う「光のはり」です。
鍼治療や漢方は、眼そのものを直接治していくだけでなく、身体全体から眼に良い状態を作っていきます。 
今回ご紹介する「光のはり」は、緑内障で最もダメージを受けている視神経や網膜に直接光のはりを投入出来る方法です。
外科的処置や薬では対処が難しいこれらの部位にピンポイントでアクセスしてダメージを受けた部分、失われた視野を取り戻す方法です。 
「光のはり」は鍼治療のように経絡を使って全体を整えると同時に、集中的に視神経や網膜にエネルギーを与えて視野を回復へと導きます。
今回アマゾンKindleから出版した「電子書籍 "光のはり" 未來の光のテクノロジー」に詳しく載せていますのでぜひご覧ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07DHWGPRB

お問合せはこちらから
https://smart.reservestock.jp/inquiry_form/inquiry_form/13516

若き日の人生の困難が導いた光のはり!

人生の困難に出会って

一浪して大学に何とか入学したものの、受験のストレスですっかり弱ってしまった身体はなかなか元に戻らず、何とか身体を丈夫にしようと野良仕事に挑戦しました。


田舎の祖母の隣のオジさんは子供の頃から可愛がってくれていたので、農家を営んでるそのオジさんのところで手伝わせてもらいました。


夏休みを利用しての炎天下で今までしたことのない農作業だったので無理をしたようです。


9月に入ってから高熱が下がらず、髄膜炎という診断で入院。
その後10日余り意識が戻らず、医師と母の懸命な看病の甲斐あって意識が回復したあとも、半年間の抗生物質の投与で胃腸をすっかり壊してしまいました。
耳も聞こえ辛くなり、投薬を中止しましたが、車が横を通っても避けられず、2ケタのかけ算で繰り上がる数字を記憶出来なくなり、理工学部を諦め、中退しました。


思春期の大事な時期に途方に暮れ、極度の不安神経症、鬱状態が続くなか、良い鍼の先生に巡り合うことができました。


3年かけて何とか神経系や脳の後遺症から少しずつ解放されていきました。
そんな中で、鍼治療を学ぶことになったんです。

"光のはり”はその後の長い道のりに導かれて生まれました。

光のはりとは!?

「光のはり」

は文字どうり、金、銀、ステンレスなどの金属のはりを使わない画期的な治療法です。

ハンドスキャンヒーリングの経験から生まれた全く新しいヒーリング技術です。

ハンドスキャンヒーリングは光情報のデータによってヒーリングのプロセスが行われますが、

 

光のはりメソッドは

「光のはり専用の光情報」

を使って気のエネルギーを動かして行きます。

 

光のはりは無痛で行うことができ、セラピストの技量にも関係なく、

刺激が過剰になることもないので、全く副作用がありません。

従来のはり治療に使われてきた知識、技術、情報は余すことなく

光のはりに応用することができます。

しかも、光のはりは、ツボに寸分違わず打つことができるので、

気の流れを回復するスピードが早いのも特徴の一つです。

そして、もうひとつのメリットは、

遠隔でのはりができることです。

 

[この技術は誰でも学ぶことができます!]

光のはりメソッドは技術の修練を必要としないので、基本的な事柄を習得すれば、

誰でも使うことができます。

光のはりメソッドを学ぶには

3時間の講座で習得することができます。

詳しくはこちらから

 

光のはりメソッド養成講座 98,000円(キャンペーン価格)

✼光のはり専用の光情報ダウンロード料金を含みます。

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11451

こちらから「イベント」のボタンをクリックしてください。

 

光のはりを受けたい

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11451

こちらから「個別予約」のボタンをクリックしてください。

 

 

 

English version

 

“Light” Acupuncture !

 

This is an upcoming technique for our new time and age.

 

By using needles of LIGHT, we can apply all of the ideas and skills from traditional acupuncture to this “Light” Acupuncture.

 

Right after inserting needles of LIGHT onto the acupuncture points located along our body meridians, "Qi" energy starts to flow quickly through the meridians via the acupuncture points. 

 

Patients feel this energy flow very distinctly. They feel warm, comfortable, and sometimes get sleepy right after receiving the energy from “Light” Acupuncture in their body.

 

To get the proper balance of "Qi" flowing through the body, you only need to use some specific meridians located in the area where the energy flow is blocked.

 

By seeing and diagnosing the pulses along the radial artery near the wrist, you can find out which meridian doesn't have enough "Qi" energy flowing through it.

 

This is the traditional pulse diagnosis method used in oriental medicine.

 

After finding out the inactive or blocked meridian, we then put “Light” Acupuncture energy into that meridian. Immediately, the energy starts to flow and the meridian becomes active once again.

 

"What is a needle of LIGHT?", you may ask.

 

This idea was developed through my Hand Scan Healing method, and came to me suddenly and intuitively.

 

Hand Scan Healing is a process whereby data is collected through light-based information. It has been developed for clinical use over the past eight years. In other words, by “downloading” certain light-based information from the Source or Universe to our body, we can use such data anytime, anywhere for Hand Scan Healing. 

 

[ How to heal with “Light” Acupuncture] 

 

First, the acupuncture points are selected by the healer.

 

Then the healer commands the Universal Intelligence to make them active. That's all one has to do. 

The healer has to have light-based information by downloading it from the Source in order to perform “Light” Acupuncture, prior to administering the treatment to patients.

 

“Light” Acupuncture is painless, and captures the exact points needed very precisely because the Universal Intelligence does everything required. This method doesn't depend on the healer's skills, and no side effects can occur from the use of too many needles and possible “overdose”.

 

“Light” Acupuncture can also implement these needles of LIGHT on internal organs, tissues, ligaments or any part of the body.

 

We can also use numerous needles of LIGHT on affected or damaged tissues.

This technique is used in ordinary acupuncture and is called "the concentrated needle technique."

This technique is very effective for a large area of damaged tissues. For example, tumors, inflamed tissues, ulcers, scars, etc.

 

Another distinctive feature of Light Acupuncture is that you can use it remotely, i.e. at a distance, far from the patient.

Metal needles are not required.

In “Light” Acupuncture, we only use light-based information as described above. All that is necessary is to select the suitable acupuncture points for the remote patient and command the Universal Intelligence to make these points active.

The Universal Intelligence takes care of the rest for you.