ホーム > Dr.ブログ

Dr.ブログ

手、肩、背中が痛くて動けない

ヨガのスタジオに少し遅れて入るといきなり先生に呼ばれ、動けない人がいるので見て欲しいと依頼があった。

うつ伏せになっていたので背骨を見ると頸椎、胸椎の上部が歪んでいる。右手の人差し指から小指までしびれと痛みがある。

デルマトーム(神経の支配領域)では頸椎の5〜7番からの神経の圧迫が考えられる。頸椎の矯正をすれば

手のしびれ痛みは緩和されるのだが、あっちこっちが炎症を起こしているので頸椎、胸椎の矯正ができない。

ゆっくり仰向けになってもらった。ちょっと動くだけでかなり痛む。冷やしていたのでストップしてもらい、

ハンドスキャンヒーリングを行った。かなり冷えの情報がくる。ふだん水仕事で立ちっぱなしだそうだ。

15分ぐらいしてから首、肩をゆっくり動かしてもらった。大丈夫という。まだ少し炎症が残っていたので

続いて5分ぐらいヒーリングを続けた。ほとんど痛くなく動けるようになったので、頸椎、胸椎の矯正を行った。

首が楽に回るようになり手の痛みも無なくなった。

ハンドスキャンヒーリングは急性の痛みには短時間で反応がある。

オカルトと思っていた友人から遠隔の依頼

特に国内では手をかざしたり目に見えないエネルギーを使うというと

怪しく思われる。純粋な科学的エネルギーと思われないのだ。

彼の奥さんが夜11時くらいから右足がつり始め揉んでみたが良くならず

左足もつりそうになってきた。やがて全身も震え始め焦って電話してきた。

こむら返りは冷えたり腰が悪かったりすると起りやすくなる。

外出中だったので車を止めて遠隔ヒーリングを始めて15分くらいすると電話がかかってきて

楽になってきたという。まだ完全じゃないのであと10分ぐらい遠隔ヒーリングを続けた。

翌朝奥さんからメールがは入り『いつも3時頃目が覚めてしまうのにきのうは朝までぐっすり眠れ、

すっかり良くなって朝の家事ができるようになりました。』と報告してくれた。

ハンドスキャンヒーリングは急性の痛みには短時間で対応できることが多い。

健康な人が体験するハンドスキャンヒーリングエネルギー

昨日友人の個展を見に本厚木を訪れた。

友人に紹介されて30代の女性にハンドスキャンヒーリングを体験してもらった。

彼女もアーティストでどこも悪くないという。スキャンすると少し目が疲れていた。

エネルギーが通りはじめるとすぐに目がはっきりしてきた。数分後に胸の辺りがすうっと

してきたと言ってきた。『あつっ体が軽い。手が急になんかしたくてしょうがない?!』

元気な子供みたいにエネルギーが有り余ってるって感じだった。

マインドブロックバスターの即効例

友人(女性)は女性同士の人間関係でいつもかなり苦労している。

あしたこういう女性に会うんだけどMBB(マインドブロックバスター)やってくれる?

というので、その人との関係のブロックを一つだけやりました。

で、次の嬉しいメールが来ました。

『ひろさんまたまた感謝 昨日のマインドバスターばか効きですよ。 彼女全く例のネタで牽制なしでしたよ。

もうびっくりしました。

関係もどんどん良くなっていてお互いに心のうちを普通に話し合えていますよ〓感謝感謝 。


これは世の中の平和におおいに役立ちますね 。


私みたいな思い込みのきつい頑固ものに速攻にきくんですからねえ。』

解除してすぐ結果が出ることもありなんですね。

なかなか治らない捻挫

足首の捻挫をしてから3週間。腫れはほとんど引いたものの、痛みがいっこうによくならない。ヨガのインストラクターをしているので仕事がら患部の安静が難しいのも一因だ。ハンドスキャンヒーリングをすると冷えの情報が何度も出てくる。

かなり血行が悪くなって栄養がいかず治りにくくなっている。10分くらいしてから痛みの情報に変わってきた。

その頃から捻挫の部分が暖かくなってきた。

30分のヒーリングで痛みがかなり軽減し、だいぶ歩きやすくなった。

花粉症とハンドスキャンヒーリング

70代の友人が季節柄急に鼻グシュグシュと涙目で困っていた。お茶を飲みながら

ハンドスキャンヒーリングを試してみた。毛細血管が長い寒さで硬くなっているのか

血液循環が良くない症状の情報(冷たい)が何回か来た。やがて粘膜の荒れてる情報

(ぴりぴり痛い)が来た頃からは鼻が通るようになったといってきた。

途中何回か眠くなったが、何回かこれらの情報を繰り返し手のひらに感じているうちに

目の痛みもなくなり、鼻の調子もすっかりよくなった。ヒ−リングの時間はトータル30分

ほどだった。

不眠症にはやはり松果体の活性化が有効

体が冷えてよく眠れない女性の症例。

スキャンをすると下腹部臓器、卵巣、腎臓、膀胱などの働きが弱く足が冷える。

それらの臓器をハンドスキャンヒーリングで遠隔ヒーリングすると冷えに少し変化が出てきた。

メラトニンを放出する松果体も同時にヒーリングした。1、2回はエネルギーがすぐに

放出してしまい松果体の活性がうまくいかない。不眠もほとんど改善しない。

3回目から松果体がエネルギーを蓄えてくれるようになり、だいぶ眠れるようになった。

松果体が活発になると全体の調子も上がるようだ。

沖縄出身の青年のふくらはぎのこわばり

彼は今東京で働いている。東京の冬はキツイという。

南方の人は生まれつき毛穴が多いので、体温が逃げやすい。

それでここのところの東京の寒さが身にしみる。

体がこわばる。話をしながら10分くらいハンドスキャンヒーリングを行った。

ふくらはぎが暖かくなりこわばりは緩解した。

老人性難聴

多くの場合10分くらいのハンドスキャンヒーリングで好転するケースが多い。

帯状ヘルペスの後遺症の痛み

帯状ヘルペスの後遺症で痛みが残った場合、なかなか治らない場合が多い。

かなり痛むので大変である。はり治療も有効だがかなり時間がかかる。こんなときに

ハンドスキャンヒーリングは速い。

89才のおじいさん内股から膝にかけて後遺症がひどく歩行が困難だ。半年以上痛い。

はり治療と併用してハンドスキャンヒーリングを15分ほど行った。

少し膝に違和感がまだ残るが、歩行は順調で満足げだった。

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11