ホーム > Dr.ブログ > スタッフの日記 > 朝と午前中の不安感、胃の不快症状に対処する。
Dr.ブログ

朝と午前中の不安感、胃の不快症状に対処する。

 

40代女性M.F.さんの例

長年のストレスからこのところ午前中はからだがひどく重く動けない、

胃がムカムカする、不安感も半端でない症状が続いていました。

よく眠れないもあります。

M.F.さんは怒りの感情を表に出すのが苦手で人間関係のストレスを抱えていたことにも気づかずにいました。深いレベルの怒りのエネルギーを解放するために先ず潜在意識の許しのブロック解除を3回しました。

フリーズした感情が溶け出したのか胃の症状、不安感が強くなってきたので

自律神経の不安定を取り除くために視床下部のヒーリングをしました。

このヒーリングで朝の症状が急に楽になってきました。

自律神経失調からくる胃酸過多があったために胃の不快感があったと思われます。

 

内に起こっている強い感情を閉じ込めると自律神経が不安定になり自律神経失調症の症状が

現れてきます。日常の中で起こる感情のストレスをうまく発散していきましょう。発散しにくい強い感情はヒーリングで解放していきましょう。

 

 

お問い合わせフォーム
http://www.reservestock.jp/inquiry/13516
個別予約フォーム
http://www.reservestock.jp/reserve_form/11451