ホーム > Dr.ブログ > 2014年11月

2014年11月

15年続いた更年期症状、30分おきにやってくるホットフラッシュ。

長年の更年期症状に悩まされている人は意外に多いと思います。

更年期症状が出始めてから15年、夜中に布団を剥ぎたくなるくらいの暑さに悩まされ、

安眠できず、漢方薬などいろいろな治療を試みても良くならなかった女性の例です。

ホルモンの分泌をコントロールする脳下垂体を中心に遠隔ヒーリングを3回行ってから

ホットフラッシュの温度に変化がみられ、夜は安眠できるようになり、ホットフラッシュの起こる頻度が

減ってきました。ハンドスキャンヒーリングでは今回は脳下垂体ですが、機能亢進気味の状態をピンポイントで

ヒーリングすることで大きな変化が見られた例です。

 

お問い合わせフォーム
http://www.reservestock.jp/inquiry/13516
個別予約フォーム
http://www.reservestock.jp/reserve_form/11451

1