ホーム > Dr.ブログ > 2014年8月

2014年8月

子供の時のけがが偏頭痛の原因に。。。

20代女性、緊張が高まると左のこめかみあたりが痛くなる例です。

ハンドスキャンヒーリングで痛みを起こしてる元の部分という情報を

手のひらに入れてヒーリングをはじめると、緊張が緩み頭全体がボーっとしてきました。

やがて左後頭部に痛みのような違和感を感じ、その後頭の痛みはなくなりました。

頸椎を見ると、頸椎1、2番が少し左に転移していました。

この女性に子供の頃首をぶつける怪我をしたことがないか聞いてみると

6才位の頃に自転車で転び頭から突っ込んだことを思い出しました。

むち打ちも同じですが、怪我をして頸椎などの軽い亜脱臼があると

5〜10年以上してから慢性的症状が出てくるケースがあります。

突然パンパンになってしまった98才のおばあちゃんの足の浮腫

エネルギーヒーリングをふだんから定期的に受けている98才のおばあちゃんの例です。

 

今年の夏は異常に暑かったですね。冷房の影響がこの時期ではじめている人が多いかもしれません。

 

このおばあちゃんは突然両足がパンパンになってしまいました。遠隔でスキャンしてみると

 

腎臓には異常がなく、尿量も普通でした。詳しくスキャンしていくと腰に冷えが入り、

 

エネルギーが足りない状態です。腰の状態をハンドスキャンヒーリングでレベルアップすると

 

足が柔らかくなり、浮腫による腫れが少し引いてきました。

 

翌朝にはすっかり腫れも引きスッキリしました。

 

リンパ液は神経の働きが悪くなると流れにくくなります。足の神経は腰から行っているので

 

今回の浮腫は冷えによる腰の影響が現れたと思われます。

 

 

雨の前や湿気が多いと偏頭痛を起こす。

20代の男性の例です。

湿気が多いと痛みを起こしやすい人はかなり多いと思います。 

リュウマチなどもその傾向にあります。

この男性の偏頭痛は慢性的なこともあり、ヒーリング中に痛みが表面化して強くなり、

30分ほどのハンドスキャンヒーリングあと症状が楽になり、目もスッキリしてきました。

快適な未来を実現するオーラフィールド第4層、第6層のヒーリング

オーラフィールドは7層に分けることが出来ますが、

第4層は環境とのコミュニケーションに関係し、

第6層は未来の喜び、幸福、ワクワクに関する情報が詰まっています。

どちらも、不安要因、ネガティブ要因があると実現しにくくなります。

そこで、ハンドスキャンヒーリングのエネルギーでオーラフィールドの

第4層、第6層をクリーニングすることで、未来の、出来ればかなり近い未来の

願望が実現します。自分では思っても見なかったプラスのことも起こりえます。

 

川崎E.I.さんの体験

彼女はエネルギーに過敏で都会の人ごみの多いところ、新宿や渋谷などへ出かけるとぐったりして

ときには吐いたりしていました。このメソッドをやってもらったところ毎日でかけても疲れ知らずになりました。

”一日中楽しい”が増えてきてからだに自身が持てるようになったと喜んでいます。

東京K.M.さんの体験

会社の上司から仕事を引き継いだのですがコミュニケーションがうまく行かず困っていました。

オーラフィールド第6層をヒーリングしたところ仕事がスムーズに運ぶようにまりました。

ヒーリング方法はハンドスキャンヒーリングのエネルギーを使って手のひらにくる情報がクリアになるまで行います。

なかなかクリアにならない場合は障害が多い情報ですので、何回かに分けてクリアになるまでヒーリングします。

1