ホーム > Dr.ブログ > 2013年9月

2013年9月

気管支や首をヒーリングしてもなかなか治らない風邪

東京のM.M.さんからの相談。

抗生物質を1週間使ったが、咳と痰がなかなか取れない状態です。

抗生物質は良い菌もやられるので、免疫力が下がってしまいます。

ハンドスキャンヒーリングで気管支の状態や首の緊張をヒーリングしましたが

咳と痰がなかなか取れないので、免疫細胞を強化するために”免疫細胞”

の情報を追加してもらいました。1日中やって、すっかり良くなったとの報告を頂きました。

感染症には免疫系のヒーリングがいいことがわかります。

オーストラリアへ遠隔ヒーリング➯➯風邪

日本はいま秋口ですが、オーストラリアは春先ですね。

友人の女性が風邪を引き、喉はからから、鼻水がでる、咳、倦怠感と典型的な症状。

仕事が休めないので、薬を飲んで作業。

スキャンをすると、喉に冷えがあり、鼻腔、気管支に炎症反応がありました。

20分の遠隔ヒーリングで鼻の症状、咳はほとんど消え、その後10分くらいで

喉も普通の感じになり、OKサインがでました。

エネルギーに敏感な女性ーー人から嫉妬を受けているかもしれない、、

才能があり仕事ができるので依頼が後を絶たない女性から相談がありました。

ここのところ体が重く気持ちが晴れやかにならず食欲もないとのことです。

ハンドスキャンヒーリングがうまく作動しないと言っています。

彼女はハンドスキャンヒーリングで潜在意識のヒーリングもできるのですが、

彼女の場合、自分に恨みや嫉妬を向けている人が特定できないので、そのようなエネルギーを送っている人

(無意識に)に対して遠隔でヒーリングコードを使って、先ず相手の傷になっているブロックの記憶を解除してもらいました。

次に許し、間違った信念体系のヒーリングコードテクニックを行ってもらいました。

1時間もしないうちにメールが届き、体に張り付いていた膜がが取れたようで楽になったと言ってきました。

人にネガティブなエネルギーを飛ばさないように注意しましょう。

1