ホーム > Dr.ブログ > 2012年1月

2012年1月

マウイ島から横浜へ遠隔ヒーリング

横浜の友人から喉が真っ赤にはれて痛いとのメールが届いた。早速15分くらい遠隔ヒーリングをした。すぐに返事が来てすっかり良くなったという。

海外からの遠隔ヒーリングは初めてだが時空を超えるのを追体験した。

長崎に遠隔ヒーリング中にパートナーがシンクロ

家内は普段あまり調子の悪いことを口にしない。
夜9時から30分ほど長崎に遠隔ヒーリングをしているとき彼女は側にいて携帯でメールをしていた。遠隔ヒーリングが終わると彼女はお腹が痛かったのが治ったと言ってきた。いままでも度々経験しているが、ヒーリングをしているときに周辺の人にもエネルギーが伝わっているようだ。


1