ホーム > Dr.ブログ > 2011年9月

2011年9月

治りにくい腱鞘炎

冷えからくる腱鞘炎はなかなか治りにくい。痛みを起こしている腱鞘にピンポイントでハリ治療をしてもそのときは楽になることがあるが、またぶりかえしてしまうケースが多い。血行をよくして細胞を活性化するのにハンドスキャンヒーリングは有効である。半年近く良くならなかった肘付近の痛みを訴えている六十代の男性が10分ほどのハンドスキャンヒーリングで痛みから解放された。


 

冷えから来る腰痛 77才の義父

老人になると冷えを引き込みやすい。このところの蒸し暑さで冷房を長時間使った。夕方から腰が痛いと言う。腰をスキャンすると冷えの情報が間歇的に出てくる。冷えがかなり奥まで入り込んだみたいだ。ハンドスキャンヒーリングを続けていくと今度は痛みの情報に変わってきた。やがて痛みの情報が薄らいで、トータルのヒーリング時間15分くらいで椅子から立ち上がれるようになった。

1